さつま揚げの歴史 - 手作りの練り物屋(さつま揚げ・おでん種)

お知らせ

さつま揚げの歴史

さつま揚げの歴史は古く、その名の通り鹿児島の名産品。

さつま揚げは古く、薩摩藩28代当主島津斉彬(なりあきら)公の時代に、琉球との交流が深まり、 琉球から伝えられた中国料理の「揚げる」技法が、古来からのかまぼこ作り製法に加わって、現在のさつま揚げができたと 言われています。

琉球のチキアーギがなまって鹿児島では『つけあげ』と呼ばれ、 島津藩の品質向上の奨励などで次第に専門店も増えてゆき、今ではその美味しさもさることながら、製品の保存製、栄養的価値と 相まって、全国にさつま揚げとしてその名を馳せています。

 

名称 桧山水産
住所 東京都江戸川区中央2-14-10
TEL 03-3652-2437
HP http://www.oden2525-hiyama.co.jp
Loading...